試験の内容

英会話

簿記2級の資格を取得することで多くのメリットが得られます。
そのため、簿記2級の資格勉強をするためにも専門学校や通信講座を受ける人が多いです。
また、通信講座を行なってくれる業者もたくさんあります。
そのため、通信講座を受ける際には業者を選ぶことも大事です。
有名な通信講座を行なってくれる業者もあるため情報から集めましょう。

簿記2級の勉強をすることで資格を取得できる可能性を高めることが可能です。
取得できる可能性を更に高めるためにも試験内容を理解しましょう。
何%で合格することができるのか、試験科目はどのようになるのか、試験時間は何分になるのかなどを事前に把握しましょう

簿記2級の試験科目は2つあります。1つは「商業簿記」と言われるものです。
この商業簿記とは、販売活動などの企業が外部と交渉するために必要なスキルとなっています。
外部にいくらの金額で販売を行なうのかを分かりやすく金額化した書類を作成する知識をチェックする方法になります。
もう1つは「工業簿記」です。この科目は企業内部の資源の計算を行なう知識が必要となります。
企業で働いている人件費や材料費などの計算をして書類を作る方法の知識をチェックする科目になります。
この2つのパターンがあるためしっかりと通信教育などで勉強しましょう。

簿記2級の合格するためにも70%以上の正解率をとることが大事です。70%以下になると資格を取得することができないため気をつけましょう。
また、試験時間は120分になります。そのため、過去問題集をする時には120分計って行なうことで試験の予行練習になるでしょう。