経済に欠かせない

企業の経理部門で活躍

勉強

就職や進学に有利な資格にはいくつかの種類がありますが、中でもポピュラーなものの1つに簿記があります。簿記は企業や商店などにおける入金や出金、商品の増減、資産の額などを帳簿に記録することをいいます。記録を残すことによってその企業等の経営状況を明らかにすることができるほか、税務などにも利用することができます。 簿記の能力を有する者は、就職時にあっては経理・財務部門における即戦力として期待されます。また大学進学時にも経済系の学部への推薦入学を目指す際のアピールポイントとして利用できます。 その簿記の能力を量るための制度が、簿記検定です。簿記検定には複数の種類がありますが、最も有名なものは公的な団体が実施していることもあって世間的には国家資格に近い扱いを受けています。

最もポピュラーなのは2級

最も有名な簿記検定では、その難易度に応じて1級から4級まで4段階に区分されています。そのうち最も汎用性が高いと言われているのが簿記2級です。 簿記2級は一般企業における経理担当者として必要な程度の簿記能力を有していると認められる者に与えられる資格です。多くの商業高校においては卒業時までに必ず簿記2級以上を取得するよう指導していますが、それ以外の者は専門学校や経理学校などの講座で学ぶことによって受験対策ができます。 そうした講座ではレベルに応じた複数のコースが用意されているので、まったくの初心者でも基礎から学ぶことができます。また社会人やダブルスクールに配慮して夜間講座や通信講座を設けているところもあります。 なお、簿記2級の試験は毎年3回行われています。各種講座もその試験日から逆算して全カリキュラムを終えられるよう日程が組まれているので、受講する際は自分がいつ試験を受けたいかを考えた上で入学時期を決めるよう注意する必要があります。